大日本印刷(DNP)が「バーチャル秋葉原」を2022年春オープン【AKIBA観光協議会と神田明神も公認】

大日本印刷株式会社(代表取締役社長:北島義斉 以下、DNP)は、「バーチャル秋葉原」と「神田明神社殿 高精細CG」の開発を進めている。合同会社AKIBA観光協議会(代表CEO:泉 登美雄)と神田明神の公認を得て、2022年春のオープンを目指す。

出典:大日本印刷ニュースリリース
公式サイト:バーチャル秋葉原

バーチャル秋葉原
ケイゴイノウエ氏による「バーチャル秋葉原」のイメージ(画像出典:大日本印刷ニュースリリース

1.DNPが推進するPARALLEL CITY

DNPは、「高精細な表現技術」と「大量の情報処理能力」を活かして、年齢や性別、国籍によって分け隔てられることなく、リアルとバーチャルの双方を行き来できる新しい体験と経済圏を創出する「XR*コミュニケーション事業」を展開している。
XRコミュニケーション事業のコンセプトは「地域共創型XRまちづくり PARALLEL CITY」であり、自治体や施設管理者公認で、現実の街と並列する仮想的な街・施設を開発し、地域の新しい価値を創出している。

XR
Cross Reality(クロスリアリティ)、または、Extended Reality(エクステンデッドリアリティ)の略語。VR(Virtual Reality:仮想現実)、AR(Augmented Reality:拡張現実)、MR(Mixed Reality:複合現実)など、仮想世界と現実世界を融合させる技術の総称。

一方の、秋葉原がある東京都千代田区は、「子育てしやすさ、介護しやすさ日本一」「環境・文化・スポーツでさらに豊かな暮らし」の実現に向けて、「AKIBA安全・安心プロジェクト」「観光情報発信・イベントの機能拡張」「いいねスポーツちよだ」などを推進している。

2者の取り組みがマッチしたことで、秋葉原が今回のPARALLEL CITYの舞台となる。リアルの秋葉原の街と連動したバーチャル空間を通じて、国内外に日本の伝統文化、アニメ、コミック、ゲームなどのジャパンカルチャーの発信を行い、秋葉原地域の活性化を図っていく狙い。

「PARALLEL CITY」イメージ映像

2.「バーチャル秋葉原」のポイント

DNPは、「バーチャル秋葉原」のポイントとして3つを挙げている。

  1. 千代田区の支援と神田明神の公認を得て、安全・安心な各種公式サービスを提供
  2. 国内外のユーザーに、リアルとバーチャルを融合した新しい秋葉原の魅力を提供
  3. コンテンツとの接点を作り、世界中のファンが「好き」に触れて、仲間とともに幸せになる世界を提供

具体的には、秋葉原のメインストリート「中央通り」と、創建1,300年の文化と歴史を持つ「神田明神」について、リアリティとサイバー感が共存するXR空間が構築される。ユーザーはスマートフォンやPCなどでアクセスし、アバター*を操作して街や施設を探索したり、イベントやライブに参加したりできる。一方の自治体や参画企業、クリエイターなどは、ユーザーに向けて商品の販売や展示、サービスの提供を行うことができる。

アバター
アバター、アヴァター (avatar) は、ゲームや仮想空間内での自分自身の分身。外見や服装、性別などを自分で設定でき、他のアバターと会話をしたり物を交換したりできる。サンスクリット語「avataara」が英語「avatar」となり、「化身」という意味を持つ。

バーチャル秋葉原予告動画

3.関係者のコメント

「バーチャル秋葉原」関係者のコメントからも、各位の意気込みや期待が伝わってくる。

■千代田区観光協会:松本 博之専務理事/事務局長
秋葉原は、世の中の需要に応じて業態を大きく転換してきた歴史を持っている街です。そして、今や国内有数の文化発信地であり、その名は全世界にとどろいている街です。この秋葉原に「バーチャル秋葉原」によって新しい光が当てられ、秋葉原の魅力が更にパワーアップして、この地をより多くの人々が訪れるよう、観光協会としても願っています。

■神田神社(神田明神):清水 祥彦宮司
神田明神は秋葉原の氏神様として、またIT守護の神様として多くの方に親しまれています。「バーチャル秋葉原」では、神田明神の国登録有形文化財社殿の高精細CGと所蔵する多数の浮世絵をオンライン博物館でご覧いただき、インターネット上のデジタル仮想空間を通して、世界中の人々が秋葉原の新しいカルチャーと神田明神の伝統文化に触れられて、新しい文化の創造と人の交流が進む貴重な機会になるものと心からご期待を申し上げております。

■AKIBA観光協議会:泉 登美雄代表CEO
AKIBA観光協議会では、「秋葉原という街・文化を皆さまと共に次のステージへ」をコンセプトに、地域事業者や行政等と事業を推進しています。「バーチャル秋葉原」の取組みを通じて、千代田区や秋葉原地域の課題である、安全・安心な環境づくり、インバウンドの復活、eスポーツ活性化などを解決する場になることを、一緒に目指していきたいと思います。

■バーチャル秋葉原委員会:加賀 秀祐委員長/AKIBA観光協議会役員
AKIBA観光協議会と様々な協力者の方々のご尽力によって今日を迎えられる事を、心よりお礼申し上げます。本事業は秋葉原内外の様々な商店・企業様に広く開放し、アキバカルチャーを愛する全ての人が利用できるメタバース的インフラとして、世界に広げていく事を目指しております。来年も皆さんが驚くニュースが目白押しですので、是非期待して頂ければ幸いです。

出典:大日本印刷ニュースリリース
バーチャル秋葉原(神田明神)
バーチャル秋葉原の神田明神(画像出典:大日本印刷ニュースリリース
バーチャル秋葉原(神田明神)
バーチャル秋葉原の神田明神(画像出典:大日本印刷ニュースリリース

4.今後の展開

「バーチャル秋葉原」委員会を設立したDNPは、団体・企業の参加も広く募っている。各参加者との連携を深め、多様な企画を行い、リアルとバーチャルの両方の空間で秋葉原地域へのアクセスの増加を図り、さらなる地域活性化を目指す考え。2022年春、配信プラットフォームは、DNP「PARALLEL SITE」の他、DMM.comの「Connect Chat」などを予定している。

あなたにおすすめの記事が見つかりました