GUCCIがメタバースに仮想世界を構築中【NFTプロジェクトへの期待高まる】

2022年2月10日、高級ファッションブランド「GUCCI(グッチ)」を展開するGuccio Gucci S.p.A.(イタリア 以下、GUCCI)は、メタバースプラットフォーム「The Sandbox(ザ・サンドボックス)」内の仮想土地「LAND(ランド)」を購入したことを明らかにした。

1.GUCCIがLANDを購入

GUCCIは公式Twitterに、「ピクセルで未来を創る。GUCCI Vaultは、TheSandboxGame上に独自の仮想世界を構築しています。詳細は公式Discordをご覧ください」と投稿した。

なお、この公式Discord*は、2022年1月に発表されたNFTプロジェクト「SUPERGUCCI(スーパーグッチ)※詳細は後述」にあわせて開設されたものだ。また、今回のLAND購入発表にあわせて公式Instagramも新設されている。

Discord
Discord(ディスコ―ド)。アメリカで開発された、招待制のボイス・テキストチャットソフト。2015年5月にリリースされ、2019年5月時点でのユーザー数は2億5000万人。オンラインゲームに搭載されているボイスチャットに比較すると高機能高品質で、ゲームと併用してDiscordを使用することが一般的になっている。Discordはゲーム開発をしていないため、ひとつのゲームに依存せず広く利用されることが強みである。また、2020年4月にビデオ通話機能が実装された以降、ゲームに限らず、テレワーカーの連絡手段としても採用されるようになった。メタバースに参入した企業がコミュニティを形成する際のツールとして使われることも多い。

2.GUCCIがメタバースで提供するサービス

GUCCIが提供するサービスの詳細は発表されていないが、VOGUE BUSINESSのThe Sandboxへの取材によると次のよう展望だ。

  • GUCCIデザインのデジタルアイテムを購入できるようになる。
  • その空間は、美しいものを探し求めた子どもの頃を思い起こさせるだろう。
  • ファッションの未来と、メタバースについての構想を促進するだろう。

メタバースでアバターが着用するデジタルアイテムというのはNFT*を指すだろう。また、それだけでなく、現実世界で人が着用できるアイテムが販売される可能性もあるのではないだろうか。

NFT
Non-Fungible Token:非代替性トークン。「権利書付きのコピーできないデジタル資産」のこと。一般的にデジタルデータは簡単にコピーされ流通してしまうが、NFTは特定のひとつを識別する識別子を有し、取引履歴や所有者の情報が保存されるため、コピー(偽造)できない。いわゆる「1点もの」となる。ゆえに「代替ができない(非代替性)」と表現される。つまり、誰のものであるかを識別できる状態で流通するため、権利を主張でき、資産になるという仕組み。

3.GUCCI Vaultとメタバース

今回の、The Sandboxで提供されるサービスの主軸となるであろうGUCCI Vaultについても触れておく。なお、「Vault」は部屋や貯蔵庫を指す単語で、一般的には「貴重で大切なものが保管されている場所」の意味だ。

Vaultは、GUCCIが継続している「新進気鋭の才能あるデザイナーをたたえる」取り組みの一環として起ち上げられたオンラインコンセプトストア。希少なヴィンテージ品などに加え、GUCCIクリエイティブディレクターのAlessandro Michele(アレッサンドロ・ミケーレ)氏が招いたデザイナーの作品が紹介され、ブランドの壁を超え、習慣や既成概念にとらわれないアイテムが販売されている。
また、メタバースやNFTに関する取り組みにも積極的である。

2022年1月には、アート・トイメイカーのSuperplasticと提携した初のNFTプロジェクト「SUPERGUCCI(スーパーグッチ)」を発表している。
同プロジェクトは3部構成となり、第1部では、Superplasticのオリジナルキャラクター「CRYPTO JANKY(クリプト・ジャンキー)」に、GUCCI特有のパターンやシンボルから発想を得たデザインを施した10種類250体のNFTが、2022年2月1日から発売された。各NFTには、イタリアの陶芸家によって手作りされた高さ8インチ(約20センチメートル)のセラミックフィギュアが付属する。
※2022年2月15日現在、NFTマーケットのOpenSeaで二次流通(転売)分が取引されている。

2021年5月17日~31日には、オンラインゲームプラットフォーム「Roblox」と提携し、2週間限定の「Gucci Garden」を公開した。

GUCCI Garden on Roblox
Robloxで公開されたGUCCI Gardenの様子(画像出典:GUCCI
GUCCI Garden on Roblox
Robloxで公開されたGUCCI Gardenの様子(画像出典:GUCCI

GUCCIデザインのデジタルアイテムも販売されたが、一部は、現実世界のアイテムよりも高値で取引されていることで話題となった。バック「ディオニュソス」は現実世界で3,400ドルほどだが、Robloxのデジタルアイテムは4,115ドルほどで販売(転売)されていた。
しかも、このデジタルアイテムはNFTではない。オンラインゲームプラットフォームのRoblox内でしか着用できないにも関わらずだ。

4.GUCCIのコラボレーション

(Vaultに限らず)GUCCI は、ゲーム市場でのコラボレーションに積極的だ。

2021年2月には、日本を始め世界中でプレイされている「あつまれ どうぶつの森」に、GUCCIの人気フレグランス「グッチ ギルティ」の世界観をインスパイアした「GG アイランド(Gucci Guilty island)」が登場した。

2021年5~6月には、韓国で人気のメタバースソーシャルメディアアプリ「ZEPETO」内で、デジタルアイテムを販売した。

GUCCI ON ZEPETO
ZEPETOで販売されたデジタルアイテムのイメージ(画像出典:GUCCI

2021年11月には、GUCCI創設100周年と、Xbox発売20周年を記念して、世界100台限定のXboxセット「Gucci Xbox Bundle」を発売した。価格は税込110万円。

GUCCI Xbox
GUCCIとXboxのコラボ(画像出典:GUCCI
GUCCI Xbox
GUCCIとXboxのコラボ(画像出典:GUCCI

今後、GUCCIがゲーム市場、メタバース市場でどのようなコラボレーションを仕掛けてくるのか、期待が高まっている。

あなたにおすすめの記事が見つかりました